で?

走った時だけ
by good_sun3
以前の記事
2013年 08月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
more...
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ソウルフードと中山道(142.6km)

自転車の季節到来!
今年は八百津へ走りに行ってないから久しぶりに。
新しく開通したR418も気になる。

&100km超えも久々だから、
宝の持ち腐れのデュラ輪に履き替えて、輪行袋も。

朝は寒いくらい、迷いながらも魔法瓶ボトルに氷入れて。
6:30出発。
半袖で気持ちいい清々しい朝。

八百津の○Kで朝補給後、まずは新道で潮南へ。

新しい道は緩~く、大きく山肌を回っていく。
とても八百津の山の中とは思えないきれいな道路。

潮南への難所だった旅足も200mの高架であっさり越える、新旅足橋。
e0093073_20421663.jpg


以前はこの真下の道。
谷底の大平フレンドパークから上っていくコンクリート激坂が見える。
滝みたい・・・
インナーローで立ち漕ぎ必至の激坂。オソロシイ
e0093073_21381963.jpg


潮南からはいつもの高原道路をスイスイ。
廃校で写真撮ったり。

間もなく坂折の棚田。
稲刈り前の田んぼは素晴らしい眺め。
e0093073_20422785.jpg


蛭川峠の手前の分岐を右へ上ると中野方ダム。
e0093073_20423528.jpg


この先、黒瀬街道を上ると舗装路からいきなり登山道になっていて終わり、引き返す。
もったいないけど下るー!

もう一度蛭川峠への上り。
この峠は前半がきつい。

激坂を下ったところの中切の集落。
大津屋記念館。寛永の建築だったかな?古い酒蔵。
e0093073_20424071.jpg


R257への合流はショートカットの壁坂を。

その後も上ったり下ったりを繰り返して、木曽川を渡る。
e0093073_20424612.jpg


11時前に中津川五十番に到着。
もう開店してる。
やっと念願の塩やきそば!
e0093073_20425439.jpg


う~ん、ワタシ的にはちょっと期待はずれ。
これは塩焼きそば と言うより、白焼きそば。
ラー油、酢、塩、胡椒、醤油、ソースが置いてあるから
自分で味付けして完成させる感じ。
ラーメンスープのようなカップスープはコクがあって美味しい。
これで500円!
e0093073_2042591.jpg



帰りはここから中山道を辿って。
e0093073_20431265.jpg



まず中津川宿。
2階の造りが凝っている。町医者として使われていたことも。
e0093073_20432016.jpg



思いつきで走り出した中山道だが、こんな道しるべのおかげで迷わず。
e0093073_20432613.jpg



小手ノ木坂。
町はずれに、斜度も優しいつづら折れ。
e0093073_20433330.jpg



中津川宿から大井宿までが長いから、途中にできた茄子川の篠原家小休所。
常夜灯も見える。
e0093073_20434723.jpg



この後、甚平坂という難所を上って。
ここでMTBの二人連れの方とすれ違い挨拶。

恵那の町に入ると、そこが大井宿。
e0093073_2043569.jpg



中津川から恵那までは見所たくさんあって結構楽しい。
説明板などよく整備されている。

恵那から瑞浪へ。
上りが続く。

途中、山中公民館で休憩してるときにメールに気がつく。
なんと、ちゃりきの事務長さんから!

先ほど甚平坂で挨拶だけして通り過ぎてしまったMTBのお二人は
事務長さんとミツさんでした。
一人旅がメールをもらってちょっと嬉しくなった。

さらに上りが続く。
途中道を間違えて上り返し。

行く手に大きな山が・・・
まさかこの山越える?
蛭川峠よりきついぞ!

越えてみれば名も無い峠。
今日一の上りだった。
昔、この峠を歩いて越えるのはかなり大変だっただろう。
e0093073_20461077.jpg



少し下って大湫宿。
あの山越えがあるからここに宿場が必要なわけね。
e0093073_2046179.jpg


ゆるゆると走っていくと弁天池。
地元の方?が大勢で草刈中。
6月にはカキツバタや蓮が見事だそうだ。


細久手宿には立派な宿屋が。
中から「ニシン♪来た~かと、かもめに~問えば~♪」って見事にこぶしの効いた声が。
なぜにこの山奥でソーラン節?
e0093073_20462586.jpg


ここからはほぼ下り。
日吉を過ぎてR21に出る。

西へ走って、御嵩に到着。
御嶽宿。(みたけの「たけ」の字が今とは違う)
e0093073_20463991.jpg


このあたりから宿場町をつなぐ道に、中山道らしさが消えて。

国道R21沿いの伏見宿。
e0093073_20464780.jpg



この先、中山道は土田村(今渡)から木曽川を渡って美濃太田へ。

で、地元の太田宿。
e0093073_20465560.jpg



帰りの中山道宿場町巡りは結構楽しかった。
往時の気分を味わいながら、旅人になった気分。

それにしても険しい道中。
わらじ履いての山越えは今では真似できないな。
山賊やケモノも居ただろうし。

でも中津川~恵那間はおすすめ。


結局、今回2600mの上昇量(GPS)。
思った以上の疲れも納得・・・。

今回のルート(ルートラボ)
[PR]

by good_sun3 | 2010-09-18 20:48 | ROUBAIX PRO
<< 爽やか信州 遠山郷(65.9km) 迫間(26.6km) >>