で?

走った時だけ
by good_sun3
以前の記事
2013年 08月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

それでも走るか!? ブルベ 美濃300(316km)

無謀なチャレンジ第二弾、ブルベ 美濃300!

今回は当日まで時間もあったため準備もしっかりできました。
通常のメンテナンスも、より時間をかけて。
e0093073_11203119.jpg


装備品も万全の体制で。
ブルベ投資って感じです。

夜間走行時の手元を照らすためのヘルメットライト。
このヘルメットライトはホームセンター品の980円。
このタイプは5LEDの全灯or点滅のため、基盤を改造してLED1灯or4灯の
切り替え式に。
1LED時の連続点灯時間の延長と、明るさが必要な時は4LED使用でと
ヘルメットライトとしての機能もこれでバッチリです。
e0093073_1122933.jpg




メインのライトはキャットアイのHL-EL510を2灯。
ミノウラのスペースグリップで取り付け。(規定のベルもここに)
e0093073_11394350.jpg


パンクトラブル対応にTOPEAK ロードモーフ。
試しに自宅で使ってみましたが、このポンプは110psiまで楽勝です。
普通にフロアポンプと同じ感覚でサクサク入ります。
e0093073_1145228.jpg


そして今回の最大の武器(?)が「GARMIN eTrex Legend C」というGPS。
e0093073_1293159.jpg


岡崎200の時は全ルートの地図をコピーして走ったものの
ポイントを見過ごしてミスコースしたり、走行中にバタバタして見にくいのと、
かなり空気抵抗になってるなーという感じ。
そこで思い切ってGPSを導入を考える。
ルートナビができて、走行速度や標高などの記録もでき、
後からPCで実際に走ったルートを地図上で確認できるという優れもの。

当初は日本語版の高価格にためらっていたところ、
アジアパシフィック版は半額くらいで、さらに日本詳細地図もDLして入れられるとのこと。
ぎりぎりまで悩んで、思い切ってネットで購入。
大したテストもできないまま、ブルベ当日のぶっつけ本番です。





今回のコースはこんな感じ。
美濃がスタート、ゴール。
赤●がチェックポイント。
標高1113m、本州分水嶺の西ウレ峠を越えて高山で折り返す、信号無し快走里山コース。
e0093073_14433123.jpg





美濃の町中から4kmくらい北西にある「神洞ほたるの里公園」にて
7:00受付、ブリーフィング、車検を終え8:00にスタート。

GPSはQUEポイント(曲がるポイント)が近づくと、700m、100mくらいで
「ピピッ!」とアラームが鳴って教えてくれ、曲がる方向を矢印が示してくれる。
なかなかいいぞー!

間もなく見坂峠。
武儀から上之保を通り、野々倉の山越え。
「道の駅和良」で明宝フランクを食して休憩。
コンディションも絶好調。

しばし下りのあと、岩屋ダム、萩原西の日和田のトンネル(峠だなこりゃ)を越えて
萩原町でチェックポイント。

下ってきた日和田をまた登って「道の駅パスカル清見」へ。
ここからせせらぎ街道。桜もまだ咲いていて気持ちいい。

標高1113mの西ウレ峠を越えて高山到着!16:00 158km。

さあ復路!
勢いよく下ってきたせせらぎ街道の長いダラダラ坂を登り、再度の西ウレ峠。
(AJ愛知の方が撮影して下さいました。 感謝です!)
e0093073_040511.jpg


後は下りの連続だー!

…とはいかなかった。。。

今回の最大のポイントは分水嶺の西ウレ峠。ここを越えればあとはなんとかなる!
と参加者全員が抱いていた。
ブリーフィングの時も 「帰りは基本的に下りです」とのお話でした。

西ウレからはソロ走行。
寒くなってきた。
パスカル清見を通り過ぎ、飛騨美濃有料道路(自転車無料)も快調に下り
細畑の集落で国道から離れ小川峠へ。

突然、目の前に急勾配! しかし峠までは直線距離で1km。
「1kmなら、なんとかなるでしょ!」
と軽い気持ちで登り始める。 しかし今回のシークレット峠(?)がここだった。
登っても登ってもまだ続く登り。峠までの距離は全然縮まない。
見渡せば、はるか山の上までガードレールが見える。
ここで日暮れとなり、取りあえずヘルメットのライトで登る。
「あと少し!あと少し!」といい聞かせて登るけど、時速3~6km/h。
完全に足も売り切れて眠気も襲って来る中、
やっと…やっと!やっと峠!!!

後から計算してみると、標高912m。距離5.8kmで高低差430mの登りでした…
ありえん。。。

下りは裏地付きのウインドブレーカーを来ても寒いくらい。
荷物になるとは思ったものの裏地付きを持ってきて正解だった。
あたりは月明かりのみの真っ暗闇。
一人ではなんとも心許ない走行です。狸や猫が先導してくれる場面もありました。

馬瀬のキャンプ場のBBQのいいにおいの中を通りを抜け
岩屋ダムを下って、七福山というチェックポイント&補給所で休憩。21:00。

ご飯、みそ汁、生卵、漬け物、おかわりし放題で300円。
ご飯2杯、みそ汁3杯・・・食べ過ぎました。
21:30に出発。
放生峠、上之保、見坂峠を越え美濃市へ。

やっと戻ってきた! 
安堵感と達成感の中、23:50ゴール! 
15時間50分でした。オドメーターは316.06km。
完走サインをもらってブルベ美濃300、完走です。

山盛りのフルーツヨーグルトポンチをほおばりながら、しばしスタッフの方と雑談。
先にゴールしていた10名の方たちも口を揃えて
「小川峠はありえん!」と言ってました。
ほんとありえんよなー。


メインライトのキャットアイのHL-EL510は、真っ暗な峠を30~40km/hで下るには
2灯でも物足りないくらいでした。(もちろん普段使うには充分ですが。)

GPSは全く賢くて、ミスコースも無し。
QUEポイント(曲がるポイント)でも手前から行き先を示してくれて
止まることなく通過できました。
帰ってからPCで実際に走ったルートを見て、「こんなところを走ったんだな」と
確認してあらためて感動。

今年のGWは、ハードな楽しい思い出が出来ました。
膝痛いし、当分自転車はいいですー。

次の400…
出ない確率80%ってところ? ^^;



e0093073_142657.jpg


走行距離:316.06km
走行時間:15時間50分 AVE:19.9km/h
実走行時間:13時間38分 AVE:23.2km/h
(休憩中はGPS-OFFにしていたので表示と合ってません)
[PR]

by good_sun3 | 2006-05-03 23:09 | ROUBAIX PRO
<< 12kmローラー ちゃりきイベント 85.1km... >>