で?

走った時だけ
by good_sun3
以前の記事
2013年 08月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

青春18きっぷの旅=淡路島と明石のタコ=(明石で旨いもの)

明石はすっかり日も暮れて。
フェリー乗り場から歩いて今夜の宿「栄家旅館」へ。
歩いて5分ちょっと、疲れているから近くて助かる。

純和風?(結構年代物の民家を改築したような建物)の民宿。
宿泊間際に予約がとれたのはラッキーかな。
(右)ルーベは袋に入れて部屋まで持ち込む。
e0093073_1314554.jpge0093073_13155013.jpg


早速風呂へ。
なんと普通の家と同じ大きさ! 
ビジネスのユニットバスと思えば、くつろげる。。。(汗)

部屋へ戻って、フェリー乗り場でもらったパンフレットで、どこへ行こうか作戦タイム。
意外と閉店時間が早い店が多い。
22:30まで営業している『食膳酒館 道場』へ。
駅前まで歩いて5分。
大衆酒場って感じで、にぎやかな雰囲気。

まずは生大!このために淡路島一周したようなものだ!
つまみはおすすめの「はもの湯引き」。梅肉のタレで。
なんとも淡泊で、旨味がほんわりと上品だ。うまい!
e0093073_13302123.jpg


2品目もおすすめの「さんまのさしみ」。
脂がのっていて、はまちのよう。これは大正解!
3品目は当然、明石たこの唐揚げ。
身がプリップリで柔らかくてどんどん食べられる。いや~うまい!うまい!

壁に貼ってあるメニューに「ヘレカツ」?
変わった魚のカツかな?と思い、聞いてみたら豚の「ヒレカツ」だそうで。
こっちでは「ヒレ」じゃなくて「ヘレ」と言うそうな。
e0093073_13312069.jpge0093073_13313839.jpg


もう1品、「鯛のあら煮」。これでまたビールが進む進む!
e0093073_1332274.jpg


お値段もリーズナブル。
やっぱり、こっちは魚がうまいよ~!
今夜はこれくらいにして宿へ帰る。

エアコンもよく効いていてゴロッとしたとたん熟睡。
・・・1日目終了。



■2日目

ぐっすり寝て、疲れもすっきり!

今日は明石焼きだ~! とパンフレットと睨めっこ。
9時開店の店を見つけて、早速Let's go!

「お世話になりました~」と女将さんに声をかけて出発。
この宿は、この女将さんが一人できりもりしてるようで、とても家庭的な感じでした。
e0093073_13325846.jpg


歩いて3~4分で『玉子焼きのきむらや』さんに到着。近い近い。
e0093073_13333716.jpg


輪行袋のコクーンはリアタイヤの部分を巻き上げて、コロコロと転がせる。
いくら軽いロードとは言え担いでずっと歩くのは大変。
これは楽ちん!

明石では玉子焼き→全国的には明石焼きという名前に。
フワフワの明石焼きは20個で800円。注文を受けてから作る。
e0093073_13353176.jpge0093073_13355680.jpg


温かいダシにつけていただく。
フワッと玉子とダシの旨みが拡がる。たこも良い味~!
「塩をかけてどうぞ」と、おすすめの食べ方が書いてあって早速。
玉子の旨みが一層濃厚になってこれはいける!
うまいよ~!20個なんて楽勝~!!
e0093073_13362579.jpge0093073_13363439.jpg


店内の壁を見ると、有名人に写真や色紙がずらりと。
関西お笑い(池乃めだか、石田靖)はもちろん、ズームインに、でぶやなどのグルメ番組。その他いっぱい(後は忘れました^^;)
大正時代創業の味はほんとにおいしかった!

お腹もふくれたので明石城へ。
お堀には鯉や亀がたくさん泳いでいる。エサをもらえると思って寄ってくるんだな。
ただ、「エサをあげないでください」と注意書きもあった。
e0093073_13371389.jpge0093073_19104956.jpg


西側の櫓が公開されていたので見学。
「明石城はもともと天守閣の無いお城なんです。」と説明を聞いた。
e0093073_13375475.jpge0093073_1338939.jpg


場内の芝生ではお囃子の練習や、歌(詩吟?)の練習など、あちこちでやっていて
とっても、良い感じ。

明石城から「時の道」を通って、「亀の水」へ。
e0093073_1339874.jpg


300年も前から人丸山から涌き出る泉が亀の口から流れ出ている。
次から次へと水を汲みに来る人が絶えない。
左の写真は引用
e0093073_13392324.jpge0093073_1339358.jpg


「亀の水」から東へ向い、「明石市立天文科学館」へ。
東経135度日本標準時子午線がSEIKO時計の中心を南北に通っているんだって。
見上げても子午線は見えなかった…。
高さ54mの展望棟と、大型プラネタリウムが特徴。
e0093073_1340345.jpge0093073_13401352.jpg


「自転車は駐輪場に置いて入って下さい」と言われて、写真だけにする^^;。
ここにも居ました、4バッグの強者!
e0093073_13403375.jpg


昼に近くなったので、「魚の棚(うおだんな)」へ。
魚市場のような商店街。
e0093073_1341134.jpg


そこにある「喜楽」というお店へ。11:30なのに、もう並んでいる。
店の反対側の自転車がいっぱい駐輪してあるところの電柱に、ワイヤーロックを
2本掛けてルーベを固定。
20分くらい待って店内へ。座ったところから自転車が見えるので安心。

注文したのは、
「たこ飯とあなご天さるぞば」
たこ飯はたこの味が染みておいしいー!日間賀と似ている。
あなご天は厚い身がふっくら。もちろん生大も!(これ書いてて生つばゴクッ!)
「たこ定食」
たこ飯、たこの刺身、たこの煮付け、たこの酢の物、たこ汁、と、
まさに「たこの宝石箱や~!」と言いたくなる。
明石だこって言うくらいだから、うまくて当然。
ビールも追加~!
e0093073_1342633.jpge0093073_13421581.jpg


お腹いっぱいです。
この後、明石焼きを食べに行く予定していたけど、もう食べられません。。。
食べ過ぎ、飲み過ぎ…できあがり。ウィッ!
e0093073_13425141.jpg


良い気持ちになって明石駅へ。
13:21発の快速に乗って帰路に付く。
e0093073_13442777.jpg


明石→米原でぐっすり熟睡。
17:24、坂祝駅に到着。
e0093073_13444613.jpge0093073_13445523.jpg


15分で帰宅。
自転車もグルメも充分、堪能できた2日間。
あまりおいしいものばかり食べてると、感覚がおかしくなっちゃうな^^;

娘の18きっぷ(1日分)を買い取ってなんとか全部使うことができた。

18きっぷは初めてだったけど楽しい思い出の2006年の夏でした。
e0093073_13452052.jpg


淡路島一周のルートはこんな感じ。
(Googleの地図です。新しいウィンドウで開きます。)
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-03 23:57 | ROUBAIX PRO
<< ちゃりきイベント「長浜ミーティ... 青春18きっぷの旅=淡路島と明... >>