で?

走った時だけ
by good_sun3
以前の記事
2013年 08月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


窯元BBQ(80.5km)

気持ちの良い秋晴れも今日まで。
昨夜から、どこへ行こうか考えながら東部主催のBBQにドタ参。
朝からバタバタと準備して9時に出発。
瀬戸までは入鹿池を通るルートで上ったり下りたり。
しんどいのは一週間ぶりだから。。。?
e0093073_1261064.jpge0093073_126262.jpg


高蔵寺の北にある都市緑化植物園。
のんびりするには良さそうだけど先を急ぎます。
e0093073_1212278.jpge0093073_12121310.jpg


途中で坂道を下り過ぎて、名古屋市の標識が!道間違えた。。。

11時からBBQが始まると聞いていたけど、間に合いそうもない。
コンビニで買い出しして、あと少し。
間もなく窯元。すると近くの交差点に皆さんが待っていてくれました。
てっきり先に行って始めてるものと思っていたのですが、30分も待っててくれたそうで・・・
ほんとに申し訳なかったです。
おひさの剛脚よなぐにさんはピストでした。

窯元に到着。(ここには登り窯もあります。)
ほんと、山の中で静か。のんびりまったりするには最高のロケーション。

なんだかんだと話してるうちに早速焼き上がり。
マツタケもたくさんあるし。
やっぱり炭火はいいねぇ!
e0093073_12124048.jpge0093073_12125755.jpg


はじめ人間ギャートルズに出てくるようなお肉。
e0093073_12131956.jpg


食べる!飲む!話す!と結構、口は忙しいです。
でも、のんびりまったり。
e0093073_1645037.jpge0093073_12173717.jpg


海の幸、山の幸が盛りだくさん。
最後の締めはサンマの炊き込みご飯。これがまたうまくて。
おかわりっ!


いやいや、楽しい時間はあっという間で。
暗くなる前に帰れるように窯元を後にします。
帰りの方向が違う私は、出てすぐにお別れ。
「そっちはきついよー」と言われながら、初めての道の方へ。

やっぱりきつかった。
結構な上り、上り、上り。
R248に出て、市之倉→多治見→可児。
木曽川を渡って、いつものロマンチック街道でサンセット。
e0093073_12162790.jpg


17:55、暗くなる前に無事帰宅。


サイコンを見ると100km近い!
GPSで確認してみると、行きが40.7km。帰りが39.8km。
(あらら、安物のサイコンは微妙なタイヤサイズが選択できなくてダメ。)
ちょうど良い感じの距離。
来月も行くぞ!っと。


※フォトアルバムにパスを設定しました。ちゃりき東部BBSのIDとパスで見られます。
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-30 23:59 | GIANT WARP DS3

バナー

フォト用
e0093073_22503562.gif
バナー
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-26 22:50 | その他

ちゃりきイベント「養老ポタ」 (132.8km)

先週の3連休は仕事で乗れず。
今週もいろいろ忙しくて全く乗れず。

で、土曜休みの今日、ちゃりきのイベントに参加です。

尾西の集合場所まではtamoさんと自走で。
久しぶりで足が重い~。。。

9:30には続々と集まってきた。その数20名。
いつものごとく、自転車の話しで盛り上がってなかなか出発しません(汗)
e0093073_22443644.jpg


途中で渡し船にも乗りました。
無料なんです。これが!
e0093073_22465050.jpge0093073_2247268.jpg


すっかり秋らしくなりました。
e0093073_2248293.jpge0093073_22484082.jpg


コーラがこぼれて、こーら大変!!!
おまけに自転車にもかかって、こーらっ! と怒ったとか怒らないとか…
e0093073_2251481.jpg


養老駅から一気に養老の泉をめざして、登り坂です。
頑張って上っても、ここまで!階段はちょっと無理。既に行き過ぎているし…。
e0093073_22525157.jpge0093073_2253395.jpg


で、疲れたらやっぱり補給です。
養老団子と中華そば。
e0093073_1721977.jpge0093073_17211951.jpg


津屋川の彼岸花。綺麗な赤だけどまだまだつぼみ。満開になったらすごいかも。
売店のおばちゃんも「わしの自転車も負けてないで~」と自慢話。
e0093073_22551681.jpge0093073_22553015.jpg


こっち方面では、お決まりの串カツ!やっぱうまいわー!
e0093073_17283762.jpg


尾西まで戻ってきて解散です。
tamoさんとNBさんと仲良く帰路に。帰りはガンガン走ります。

アクアトトギフの観覧車とtamoさんの図
e0093073_22561949.jpg



総勢20名を越えるツーリングは圧巻でした。
いよいよ自転車で走っていて気持ちの良いシーズンになったし!

改めて自転車に乗り出して丁度、1年。
体力も付いてきたし、何より楽しい仲間がたくさんできた。
それが一番の宝物。
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-23 23:19 | GIANT WARP DS3

仕事終わって20.8km

雨が続いていたけど久しぶりに道路も乾いているし。。。
仕事終わってから今日はWARPで近くの山坂道へ。
すでに薄暗い。
田原小→迫間台団地→坂祝中。20.8km。

走っていて気が付いたのだけど・・・

「坂祝」って町名。
坂を祝う?
ヒルクライマー向きだね。
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-15 22:55 | GIANT WARP DS3

迫間峠(30.1km)

仕事が早めに片付いたので、ルーベで一っ走り!
関の工業団地→迫間北ルート→苧ヶ瀬池→鵜沼緑園団地→坂祝。
緑園団地は初めてだったが、車も少なくて(道も広い)なかなか良い感じの登りも。
それにしても、日はすぐに暮れるし、涼しくなりました。


以前から自転車用品を買う時に参考にしているサイト。
「サイクルベースnanasi」
e0093073_20272146.jpg


2chの書き込みをデーターベース化したもの。
「nanasi」…「名無し」と言うあたり、いかにも2chって感じ。
ユーザーの生の声はほんとに頼りになる!?

レーパンの「サラサーティ」は笑える!
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-11 20:35 | ROUBAIX PRO

ちゃりきイベント「長浜ミーティング」(98.2km)

土曜日は、ちゃりきイベント「長浜ミーティング」。
毎週毎週、遊んでばっかり・・・。

朝4:30に起きてTVの天気予報を。
「げっ!大垣方面大雨じゃん!」
今日は中止かな?と思ってたとこに、ひみさんからメール。
「もう出ました?」って。
行く気満々のそのメールに元気付けられそそくさと着替えて準備。
(WARPのタイヤ圧もMAXに充填!)
明るくなるのを待って、5:20に出発。

雨は降ってないけど路面は濡れているからタイヤからのハネが・・・。

関市→長良側左岸と走る。穂積大橋から21号線へ。

大垣の駅前を走っていると前方にMTBが。
関からみえた「いぼ」さんか?と思って声をかける。
「どこからきたの?」
『北海道です。』
「ほっ!北海道~!?」
『ここまで2週間です。』
寝袋持って、野宿の旅。九州まで行く予定とのこと。
記念に1枚! 笑顔が最高!
学生の彼は、このあと大垣城の方へ、スニーカーで軽やかに走り去って行きました。
e0093073_1385399.jpg



垂井の手前の吉牛で、ひみさんと合流。(7:10)
朝定食で補給です。
e0093073_13102750.jpg


吉牛を出た時は雨。
事務長さんに電話で今日は中止じゃないことを確認してもらって
琵琶湖めざして出発。
関ヶ原を過ぎるころには雲も切れて、青空に。
緩やかな下りに加え追い風もあって、40km/h越えのハイスピードクルージング。
e0093073_1323566.jpg


9:15琵琶湖到着。
まず風呂でさっぱりしようと思い行ってみるが、12:00からの営業でorz。
とりあえず集合場所へ行ってみるが、まだだれも来ていない。
すると黒猫さんたちがやってきた。
今日はお二人とも高級MTBでの登場だ!
まるでロードバイクのような軽さのMTBを試乗させてもらったりしていると
続々とお仲間が集まってきた。
NBさんはおニューのKHSだ。
(ちゃりきでは小径車旋風が吹き荒れていて、ひみさんも巻き込まれつつある?!)

10:30にはお仲間も揃って、まずは「鳥喜多」さんへ。
混んでいたら支店へ行こう、と思っていたがまだ誰も並んでいない。
まあ開店40分前だし。。。
で、暑い中開店までおとなしく?待ってました。(開店するころには長蛇の列に)

店先に暖簾がかかって、やっと店内へ。
先回来たとき、親子丼を食べたので、今日は「かしわ鍋」と「ご飯の小」と
「のどごしさわやかな飲み物」を注文。
「かしわ鍋」は薄口ながら出汁良く出ていておいしい~!
レンゲに添えられた生姜が、よりいっそう旨みを引き出して最高!e0093073_13121096.jpg
e0093073_13123341.jpg


外にはまだまだお客さんがたくさん待っていました。

長浜の商店街を通って「大通寺」へ。本堂の前の畳敷きのところで思い思いに休憩。
e0093073_1313883.jpge0093073_13125193.jpg


その後2グループに別れ、ひみさん、hideさんと今朝入れなかったお風呂へ。
雨と汗をさっぱりと流して、自販機の★を我慢して「長浜浪漫ビール」へ。
すると、見かけたことのある自転車が!

さきほど別れた事務長さんご一行が先に来ていました。
早速、頂きます。
e0093073_13161076.jpge0093073_13162454.jpg


まずは「長浜エール」
   濃い飲み口で、普段その他の雑種を飲んでる分、ホップの苦みに
   パンチがある。でもフルーティ!…らしい。
次に、真っ黒なその名も「黒壁スタウト」
   スモーキー!スモーキー!との声が聞こえるが
   芳ばしい香りと、コクがある。…らしい。
次は「ピルスナー」、今日は無いとのこと(なんでやねん!?)
もう一つが「伊吹バイツェン」
   これは、飲みやすい。普通においしいと言えるビール。…らしい。
つまみは、「近江牛のたたき」、「イタリアン生ハム盛り合わせ」、「地鶏の岩塩焼き」。
いや~おいしかったです。
事務長さんご一行は彦根まで走るとのことで、先に行かれました。
その後も自転車談義…その他もろもろ…お腹もいっぱいになって・・・
店を出たのはなんと16時過ぎ!長居をしました^^;

もう一度、のんびりと長浜の商店街へ。
お土産を買うのと、もう一つ目的があって。。。
どこにあるかな?
商店街を一回りして…ちょっと、気になるのでつまみ食い…うまいっ!
e0093073_1317982.jpge0093073_1317208.jpg


やっと見つけました!鯖そうめん。
探した甲斐があった。温かいそうめん。煮付けの鯖がうまいうまい!
ニシンそばと甲乙つけがたいうまさ。
e0093073_1317411.jpge0093073_13175219.jpg


後は、お土産を探してあっちの店、こっちの店。
e0093073_13182493.jpg


で、結局「親玉まんじゅう」。金賞受賞だそうです。
e0093073_13191250.jpg


しっかり遅くなってしまい、長浜から輪行。
電車の連絡も良く、スイスイと帰ってきました。
e0093073_13193487.jpg


無事、20:15帰宅。
今回は、雨、晴れ、飲み、食い、風呂。とても内容の濃いミーティングでした。
それぞれ楽しみ方が違う中、毎回上手くまとめてくれる事務長さんの
ちゃりき企画は本当に素晴らしいです。

走行距離 98.2km
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-09 23:41 | GIANT WARP DS3

青春18きっぷの旅=淡路島と明石のタコ=(明石で旨いもの)

明石はすっかり日も暮れて。
フェリー乗り場から歩いて今夜の宿「栄家旅館」へ。
歩いて5分ちょっと、疲れているから近くて助かる。

純和風?(結構年代物の民家を改築したような建物)の民宿。
宿泊間際に予約がとれたのはラッキーかな。
(右)ルーベは袋に入れて部屋まで持ち込む。
e0093073_1314554.jpge0093073_13155013.jpg


早速風呂へ。
なんと普通の家と同じ大きさ! 
ビジネスのユニットバスと思えば、くつろげる。。。(汗)

部屋へ戻って、フェリー乗り場でもらったパンフレットで、どこへ行こうか作戦タイム。
意外と閉店時間が早い店が多い。
22:30まで営業している『食膳酒館 道場』へ。
駅前まで歩いて5分。
大衆酒場って感じで、にぎやかな雰囲気。

まずは生大!このために淡路島一周したようなものだ!
つまみはおすすめの「はもの湯引き」。梅肉のタレで。
なんとも淡泊で、旨味がほんわりと上品だ。うまい!
e0093073_13302123.jpg


2品目もおすすめの「さんまのさしみ」。
脂がのっていて、はまちのよう。これは大正解!
3品目は当然、明石たこの唐揚げ。
身がプリップリで柔らかくてどんどん食べられる。いや~うまい!うまい!

壁に貼ってあるメニューに「ヘレカツ」?
変わった魚のカツかな?と思い、聞いてみたら豚の「ヒレカツ」だそうで。
こっちでは「ヒレ」じゃなくて「ヘレ」と言うそうな。
e0093073_13312069.jpge0093073_13313839.jpg


もう1品、「鯛のあら煮」。これでまたビールが進む進む!
e0093073_1332274.jpg


お値段もリーズナブル。
やっぱり、こっちは魚がうまいよ~!
今夜はこれくらいにして宿へ帰る。

エアコンもよく効いていてゴロッとしたとたん熟睡。
・・・1日目終了。



■2日目

ぐっすり寝て、疲れもすっきり!

今日は明石焼きだ~! とパンフレットと睨めっこ。
9時開店の店を見つけて、早速Let's go!

「お世話になりました~」と女将さんに声をかけて出発。
この宿は、この女将さんが一人できりもりしてるようで、とても家庭的な感じでした。
e0093073_13325846.jpg


歩いて3~4分で『玉子焼きのきむらや』さんに到着。近い近い。
e0093073_13333716.jpg


輪行袋のコクーンはリアタイヤの部分を巻き上げて、コロコロと転がせる。
いくら軽いロードとは言え担いでずっと歩くのは大変。
これは楽ちん!

明石では玉子焼き→全国的には明石焼きという名前に。
フワフワの明石焼きは20個で800円。注文を受けてから作る。
e0093073_13353176.jpge0093073_13355680.jpg


温かいダシにつけていただく。
フワッと玉子とダシの旨みが拡がる。たこも良い味~!
「塩をかけてどうぞ」と、おすすめの食べ方が書いてあって早速。
玉子の旨みが一層濃厚になってこれはいける!
うまいよ~!20個なんて楽勝~!!
e0093073_13362579.jpge0093073_13363439.jpg


店内の壁を見ると、有名人に写真や色紙がずらりと。
関西お笑い(池乃めだか、石田靖)はもちろん、ズームインに、でぶやなどのグルメ番組。その他いっぱい(後は忘れました^^;)
大正時代創業の味はほんとにおいしかった!

お腹もふくれたので明石城へ。
お堀には鯉や亀がたくさん泳いでいる。エサをもらえると思って寄ってくるんだな。
ただ、「エサをあげないでください」と注意書きもあった。
e0093073_13371389.jpge0093073_19104956.jpg


西側の櫓が公開されていたので見学。
「明石城はもともと天守閣の無いお城なんです。」と説明を聞いた。
e0093073_13375475.jpge0093073_1338939.jpg


場内の芝生ではお囃子の練習や、歌(詩吟?)の練習など、あちこちでやっていて
とっても、良い感じ。

明石城から「時の道」を通って、「亀の水」へ。
e0093073_1339874.jpg


300年も前から人丸山から涌き出る泉が亀の口から流れ出ている。
次から次へと水を汲みに来る人が絶えない。
左の写真は引用
e0093073_13392324.jpge0093073_1339358.jpg


「亀の水」から東へ向い、「明石市立天文科学館」へ。
東経135度日本標準時子午線がSEIKO時計の中心を南北に通っているんだって。
見上げても子午線は見えなかった…。
高さ54mの展望棟と、大型プラネタリウムが特徴。
e0093073_1340345.jpge0093073_13401352.jpg


「自転車は駐輪場に置いて入って下さい」と言われて、写真だけにする^^;。
ここにも居ました、4バッグの強者!
e0093073_13403375.jpg


昼に近くなったので、「魚の棚(うおだんな)」へ。
魚市場のような商店街。
e0093073_1341134.jpg


そこにある「喜楽」というお店へ。11:30なのに、もう並んでいる。
店の反対側の自転車がいっぱい駐輪してあるところの電柱に、ワイヤーロックを
2本掛けてルーベを固定。
20分くらい待って店内へ。座ったところから自転車が見えるので安心。

注文したのは、
「たこ飯とあなご天さるぞば」
たこ飯はたこの味が染みておいしいー!日間賀と似ている。
あなご天は厚い身がふっくら。もちろん生大も!(これ書いてて生つばゴクッ!)
「たこ定食」
たこ飯、たこの刺身、たこの煮付け、たこの酢の物、たこ汁、と、
まさに「たこの宝石箱や~!」と言いたくなる。
明石だこって言うくらいだから、うまくて当然。
ビールも追加~!
e0093073_1342633.jpge0093073_13421581.jpg


お腹いっぱいです。
この後、明石焼きを食べに行く予定していたけど、もう食べられません。。。
食べ過ぎ、飲み過ぎ…できあがり。ウィッ!
e0093073_13425141.jpg


良い気持ちになって明石駅へ。
13:21発の快速に乗って帰路に付く。
e0093073_13442777.jpg


明石→米原でぐっすり熟睡。
17:24、坂祝駅に到着。
e0093073_13444613.jpge0093073_13445523.jpg


15分で帰宅。
自転車もグルメも充分、堪能できた2日間。
あまりおいしいものばかり食べてると、感覚がおかしくなっちゃうな^^;

娘の18きっぷ(1日分)を買い取ってなんとか全部使うことができた。

18きっぷは初めてだったけど楽しい思い出の2006年の夏でした。
e0093073_13452052.jpg


淡路島一周のルートはこんな感じ。
(Googleの地図です。新しいウィンドウで開きます。)
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-03 23:57 | ROUBAIX PRO

青春18きっぷの旅=淡路島と明石のタコ=(淡路島一周148.3km)

18きっぷの残り期限を考え、kanbeyaさんのアイデアを頂いて淡路島一周に行ってきた。
当初は、初日で半周、南あわじ市で一泊、2日目に残りの半周の計画だったが
諸般の事情で、初日に一周、2日目は明石で食事となった。
(写真はクリックで大きくなります。)

(左)駅までは自転車で向かう。今回はルーベで。
(右)朝日の眩しい坂祝駅ホーム。輪行袋のTIOGAコクーンは前輪を外すだけでOK。
e0093073_169289.jpge0093073_1694648.jpg


電車は、しまなみの時とは打って変わって満員。
こういう時、全長の長いコクーン輪行袋はつらいが、厚みがないから立てれば大丈夫。
ご一緒した親切なご夫妻v(^^)(^^)vの助けを借りてなんとか座席に座ることができ、
快適な電車の旅に。



(左)4時間弱で明石駅に到着。準備もOK!
(右)荷物は今夜の宿へ預けてフェリー乗り場へ。
e0093073_16261596.jpge0093073_1626345.jpg


早速、乗船券を購入して並んでいると、なんと!2輪車の台数が多いため、
「もう乗れませんので30分後のフェリーになります。」って!
歩きの嫁さんは反対側の通路から、もう乗船したもよう。
すぐさま、係員のおじさんに「連れがもう乗ってますので」とお願い。
この時間に乗る自転車は私一人。
「じゃ、こっちこっち」 と手招きされてなんとか乗せてもらう。
ここで30分のロスは痛い!助かった!
(右)フェリー船内は備え付けのベルトで固定。
e0093073_16281586.jpge0093073_16282928.jpg


(左)淡路島の岩屋港まで明石大橋の下を通って約20分。天気も、景色も最高!
(右)岩屋に上陸。ボトルにドリンクを補給して、11:10。いよいよ淡一のスタートだ!
e0093073_1649389.jpge0093073_16491334.jpg


南の島を思わせる青い空。街路樹もまさに南国そのもの!
それに車が少ない。ほんとに走りやすい!
e0093073_1650555.jpge0093073_165149.jpg


岩屋→東浦→洲本→由良と、ここまでの45kmはフラット。
30km/hオーバーで気持ちよくクルージング!
e0093073_16512327.jpge0093073_16513332.jpg


この先、海岸線を離れY字路を右へ右へと進むと約3kmの登り。
淡路島の南部は山坂道が多い。
e0093073_16522822.jpge0093073_16523555.jpg


1km下ったところにある、朝日テレビの人気番組「探偵ナイトスクープ」で紹介された
『なぞのパラダイス』。この大きなゲートの向こうは、また普通に道路。まさに謎?!
この先また1km登る。
e0093073_1821471.jpg


(左)約3kmの激坂を下り海岸線へ。この先13kmはずっとこの景色。
(右)途中にある『モンキーセンター』でたっぷり休憩。
e0093073_1822147.jpge0093073_18221423.jpg


(左)車は全く走ってない。まるで自転車専用道路のようだ。
(右)と思ったら。工事で舗装が・・・!
e0093073_18292837.jpge0093073_18225544.jpg


次は土生(はぶ)の登り、10%前後で1km。下りは5kmと嬉しい長さ。
(左)風車を左手に見ながら走ると、
(右)福良へ抜ける登り。(ここも約10%)登りきれば福良港が。
e0093073_18295040.jpge0093073_1830781.jpg


(左)先ほどの登りで一緒になった神戸の方。51才とのこと、Wレバーがしぶい!
(右)福良のローソンで補給。まるでブルベ…!?
e0093073_18302542.jpge0093073_18303620.jpg


ここから鳴門岬方向はまた登り。
登りきってから、大鳴門橋の見えるところまで下ってパチリ!
うずしお道の駅はかなり下った先、帰りの登りを考えると…
e0093073_18305648.jpg


(左)さらにこの先登りを3~4つ越えて淡路島の西側へ。道が狭い。
(右)その後は35kmのフラットな道のみ。
e0093073_18314875.jpge0093073_18321626.jpg


途中で、ちょこちょこ休憩しながら。。。さぶっ…
e0093073_18323320.jpg


『風車』と『サンセットライン』。 まだ日が沈む時間には早い。
動画が撮れることを思い出し、おもむろに撮影。
(ひみさんに教えてもらった動画の公開サイトから)
(別ウィンドウ。音出ます。)

awa1


(左)明石大橋が見えてきた。ここまで戻って来るとホッとする。たこフェリーも見える。
(右)『道の駅あわじ』で記念撮影。もうゴールは目の前。
e0093073_183319.jpge0093073_1833991.jpg


17:08、やっと岩屋の、たこフェリー乗り場へ無事到着。
e0093073_18332340.jpg


148.3km(6時間58分)、平均21.3km/h。
下調べした感じと比べて、意外とハード。短いが急な登りが結構多い。
全体的に交通量が少なくとても走りやすい。それに車の運転も親切な感じ。
単調なところもあるため、のんびり走るにはつらいかも。
まあ明るいうちに一周できたのは良かったかな。

食事らしい食事も取らなかったけど、淡路島を「足」で味わった一日でした。

心地よい疲労感に浸りながら、ライトアップされた明石大橋を見ながら、明石の街へ。
e0093073_1836309.jpg



               つづく・・・
[PR]

by good_sun3 | 2006-09-02 23:05 | ROUBAIX PRO